あじゅらーの成長日記

にわかITインフラエンジニアがMicrosoft AzureなどIT関係全般を綴ります。

第222回(2017年7月23日)TOEIC結果発表

こんばんは。世界陸上のおかげで睡眠リズムが乱れてる僕です。

本日、2017年7月23日に受験したTOEICの結果がWebで公開されましたので、恒例となっている(?)点数の発表と振り返りを行いたいと思います。

受験した感想は記事にしておりますので合わせてどうぞ。

www.enjoymylife.xyz

スコア推移

まずはこれまでのスコアの推移です。

f:id:hayato320:20170723201843p:plain

2012年から定期的にTOEICを受験し続け、前回の第221回大会で過去最高を記録しました。

今回は記念すべき第222回ということで気合が入っている状態でした。
ただ、前回受験から1ヶ月しか時間がないことから、そんな簡単にTOEICの点数って上がるか?というのが正直な思いでした。

結果発表

さて、結果発表です!

f:id:hayato320:20170814221259p:plain

みごと自己ベスト更新です!
点数は一つの区切りである800点台に突入しました。
Listeningは残念ながら前回の420点から少し下がってしまいましたが、Readingは大幅に点数を上げて初めての400点台を取りました。

iKnow!のTOEICコース を使って単語力をあげることで、 長文中の単語を推測しなくても理解できた ことがReadingセクションの点数向上に寄与したのではないかと考えております。

Listeningについてはちゃんと勉強できていないため点数の向上につながりませんでした。
これについては

  • 日常的に英語を聴く週間をiKnow以外につける
  • シャドーイングをやることで自身で発音できるようにする

を課題として取り組んで行きたいと思います。

★2017/8/20 追記 TOEICの OFFICIAL SCORE CERTIFICATEが届きましたので公開します。
分野別得点の記載があるので、Web結果よりもテスト結果を分析・克服しやすいです。

f:id:hayato320:20170820201123p:plain

次回に向けて

まず引き続きiKnowをやります。本日で連続記録が107日となっているので、記録を伸ばしていきます。
次に

  • 日常的に英語を聴く週間をiKnow以外につける
  • シャドーイングをやることで自身で発音できるようにする

をやります。教材としては買ったけどやってない教材である以下をやろうと思います。

あとは公式問題集ですね!

  • 問題になれる
  • 2時間集中する力をつける

を目的に少なくとも2週間に一回くらいのペースで公式問題集をやりたいと思います。

まとめ

次のTOEICは9月10日です。(その前にIPテストあるけど、、、)

目標である860点をこの調子でなんとか達成したいです。
次のTOEICの結果もこのブログで気持ちよく公開できるよう頑張ります。

家は会社の近くにするべき理由

こんばんは。どんだけ寝ても寝足りない僕です。

僕はいま会社から自転車で10分のところで一人暮らしをしています。
会社の始業時間は10時なので、どんだけ寝ても寝足りない僕にとっては大変ありがたいです。

今回は僕が会社の近くに住むべきと考えている理由をまとめます。
特に若手の会社員の方に読んで欲しい記事になります。

会社の近くに住む理由

通勤のストレスがない

僕は昔、千葉に住んでおり、都内のオフィスに通っておりました。 通勤時間帯の上りの電車ははすごく混んでおり、会社員が普通に通勤する時間帯に電車に乗るとストレスがものすごかったです。 朝6時の電車に乗り7時には会社の最寄り駅に着くようにしていたのですが、 その時間帯でも電車は座れないほど混んでおりました。
その頃は、平日はほぼ会社に支配される生活になっていました。

今は都内に住んでおり、会社へは自転車で10分くらいの位置に住んでいます。
電車に乗るストレスが無いことは、精神的にとても良いです。

通勤時間分を有効に使える

私は自宅近くのジムに行ったり、家で勉強したり、ゆっくり家でお酒飲んだりしています。

通勤時間が10分の人と1時間10分の人とでは一日2時間有効に使える時間が違います。

若手の頃は特に参加したくない飲み会の強制参加が多いです。 また、夜遅くまで仕事することがしばしばあります。

会社の近くに住んでいれば飲み会終わりもすぐに帰れますし、夜遅くまで仕事してもすぐに家にかえることができます。

睡眠時間というのは仕事のパフォーマンスに直結すると考えています。 十分な睡眠時間を取ることで仕事のパフォーマンスも上がり、生産性も高くなります。

都心が近い

会社が都心にある場合、会社の近くに住んでいるということは都心に住んでいるということになります。

休日にはすぐに都心に出ることができます。 若いからこそ都心で遊び、美味しいお店で食事したいですよね。

みんなの意見

会社の近くに住むべきと考えている人の記事を検索してみました。
やはり同じような意見で会社の近くに住んでいる人が多いです。

会社の近くに住むと『収入が2倍になった』体験談@引越し・住む場所に迷ったらコレ | FIND 最高の人生まとめ

freesworder.net

bizacademy.nikkei.co.jp

逆に会社の近くに住みたくないという人の意見もありました。
仕事をたくさん振られる可能性があるなどをデメリットと考えている人が多いようです。

digi-snow.hatenablog.com

hitorinokurasi.com

まとめ

今日は僕が会社の近くに住む理由をまとめてみました。

会社の近くに住むということは、通勤時間分を有効に使うことができ、有意義な人生を過ごすことができます。

是非みなさんも会社の近くに住んで、有意義な人生を過ごしましょう。

4泊5日シンガポール旅行

7/23〜7/28までシンガポール旅行に行ってきました。

毎年本当に仲の良い会社同期4人で同時に夏休みを取得して、どこかへ旅行するのが恒例になっています。 2013年から北海道、四国、ラスベガス・サンフランシスコ、九州ときて、今年はシンガポールに行こうということになりました。

今回の記事では、今回の旅で行った場所について振り返りたいと思います。 また、今回はH.I.Sなどのツアー会社を通さない旅行でしたので、(定番ですが)旅券など予約に使用したサイトなども紹介したいと思います。

全体計画

まずは旅行前に計画した旅程表を紹介します。

日時
7/24 10:00 ホテルチェックイン(カールトン)
12:00 マーライオン・パークでマーライオン見学
13:00 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで昼食
14:00 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ見学
15:30 マリーナベイサンズ観光
19:00 ナイトサファリ
23:00 ナイトサファリ退園
24:00 ホテル到着
7/25 09:30 ホテル出発
10:30 セントーサ島着
11:00 セントーサ・マーライオン見学
12:00 セントーサ島内で昼食
13:00 スカイライン・リュージュ・セントーサ
15:00 セントーサ島のカジノorマリーナ・ベイ・サンズの展望台見学
18:00 夕食(チリクラブ)パーム・ビーチ・シーフード
20:00 ワンダー・フル(マリーナ・ベイ・サンズのライトショー)
21:00 マリーナベイサンズカジノ
7/26 10:00 ホテル出発
11:10 タナ・メラ・フェリーターミナルからビンタン島行きのフェリー乗車
12:00 ビンタン島到着
12:30 昼食
14:00 マングローブボートツアー
15:00 ラゴイ・ビーチでのんびり
17:35 シンガポール行きのフェリー乗車
18:25 シンガポール到着
19:00 ホテル到着
19:30 クラーク・キーorワンダー・フル鑑賞場所周辺で夕食
23:30 ホテル到着(可能ならカジノ)
7/27 09:30 ホテル出発
10:00 ナショナル・ギャラリー・シンガポールorリバーサファリ
12:00 ホーカーズで昼食
14:00 シンガポール植物園(世界遺産)
16:30 オーチャードで買い物
18:30 夕食(海南チキンライス)コーヒー・ラウンジ
20:30 マリーナベイサンズカジノ
7/28 08:30 ホテル出発

シンガポールについて

簡単にシンガポールについて紹介します。

シンガポールは1965年にマレーシアより独立しました。
国土は東京都23区と同じくらいの大きさで、実は国民一人あたりのGDPは日本より高いです。 赤道直下にあるため、一年を通して気候は温かいです。
移民を多く受け入れているためか、外国人に関してとても優しいです。
街の至る所に日本語や中国語の看板を見かけます。

さて、それでは旅を日ごとに振り返ります。

7/24(月)

シンガポールに着いた日の昼食は宿泊するカールトンホテルの近くのシンスウィーキーというレストランでチキンライスを食べました。

f:id:hayato320:20170730121503j:plain

昼食を食べてマーライオン・パークに行く途中のRAFFLES HOTEL。

f:id:hayato320:20170730121613j:plain

マーライオン・パークに着いた。想像してたよりもマリーナベイサンズがかっこ良い。

f:id:hayato320:20170730122258j:plain

f:id:hayato320:20170730123130j:plain

タクシーでガーデンズバイザベイへ。

f:id:hayato320:20170730123325j:plain

S$8払ってスカイウォークへ。

f:id:hayato320:20170730123407j:plain

スカイウォークからのマリーナベイサンズ。怖い。 f:id:hayato320:20170730123710j:plain

マリーナベイサンズに移動して、S$23払って展望台へ。

f:id:hayato320:20170730124021j:plain f:id:hayato320:20170730124254j:plain

いつかマリーナベイサンズに泊まってプールに入りたい。 f:id:hayato320:20170730124312j:plain

シンガポールは高層ビルが独特で素敵すぎる。

f:id:hayato320:20170730124425j:plain

いざナイトサファリへ。
f:id:hayato320:20170730124817j:plain

夜ご飯はバイキング。
f:id:hayato320:20170730124912j:plain

ご飯のあとはトレーラーに乗って、動物鑑賞へ。動物の名前を英語で覚える良い機会だ。と思ったけどもう忘れてる自信ある。

f:id:hayato320:20170730125148j:plain

f:id:hayato320:20170730125218j:plain

f:id:hayato320:20170730125237j:plain

クリーチャーズナイトショーへ。

f:id:hayato320:20170730125349j:plain f:id:hayato320:20170730125416j:plain f:id:hayato320:20170730125510j:plain

この日はこれでホテルに戻って終わり。

7/25(火)

朝食はホテル近くのRAFFLES CITY地下のお店で。これでS$16くらいだった気がする。 f:id:hayato320:20170730125734j:plain

セントーサ島に行って、セントーサマーライオン見学。

f:id:hayato320:20170730125854j:plain

ぶらぶらしてたらきれいな建物見つけた。

f:id:hayato320:20170730130053j:plain

マリーナエリアに戻ってきた。夕日に照らされるマリーナベイサンズ。 f:id:hayato320:20170730130202j:plain

パーム・ビーチ・シーフードでディナー。この旅で一番豪華なご飯。S$100くらい使ったかな。

f:id:hayato320:20170730130435j:plain f:id:hayato320:20170730130508j:plain f:id:hayato320:20170730130530j:plain

ディナー後のマリーナベイサンズ。

f:id:hayato320:20170730130617j:plain f:id:hayato320:20170730130636j:plain

この日はこの後カジノに行ったけど、禁止されているので写真はないです。

7/26(水)

この日はインドネシアのビンタン島にフェリーで行きました。

まずはマングローブツアー。 f:id:hayato320:20170730130943j:plain

ツアーで周るコースと出会える動物たち。 f:id:hayato320:20170730142541j:plain

炭焼き機。 f:id:hayato320:20170730131418j:plain

毒蛇。

f:id:hayato320:20170730131446j:plain

マングローブ。 f:id:hayato320:20170730131638j:plain

f:id:hayato320:20170730131658j:plain

キングフィッシャーも見れた。なかなか珍しいらしい。

f:id:hayato320:20170730142844j:plain

ツアーが終わり、帰宅する直前に飲んだビール。 f:id:hayato320:20170730131731j:plain

夜ご飯はクラーク・キーでスペイン料理。

f:id:hayato320:20170730143227j:plain

夜ご飯食べて夜は夜景の見えるCity Space Barへ。70階からの夜景は圧巻です。

f:id:hayato320:20170730131916j:plain

f:id:hayato320:20170730132007j:plain

7/27(木)

この日は市内観光。まずは世界遺産であるシンガポール植物園へ。

f:id:hayato320:20170730132134j:plain

f:id:hayato320:20170730132217j:plain

f:id:hayato320:20170730132251j:plain

f:id:hayato320:20170730132310j:plain

f:id:hayato320:20170730132319j:plain

昼ごはんはホーカーズで。

f:id:hayato320:20170730132735j:plain

夜ご飯はコーヒーラウンジ。 f:id:hayato320:20170730132834j:plain

カジノで遊んだ後はLevel 33へ。33階からの眺めは抜群にきれいです。マリーナベイサンズがきれいに見えます。 人気のアウトスタンドは立ち飲みスタイルです。

f:id:hayato320:20170730133019j:plain

Tips

シンガポールに行く際のTipsです。覚えておくと旅が有意義になると思います。

  • 両替はATMでクレジットカードのキャッシングをするのが便利です。
  • シンガポールではタクシーがとても安いです。時間の節約になるので、MRTで行きにくい場所は是非タクシーを利用しましょう。
  • ローカルレストランは値段がかなり安いです。お金をかけたくない人は現地の人が行くレストランを利用しましょう。

予約サイト

今回の旅はH.I.Sのような代理店からツアーで行くのではなく、自分たちで計画してチケットを取って旅行しました。 使用したサイトを紹介します。

Expedia

航空券とホテルはここで予約するのが良いでしょう。

www.expedia.co.jp

行きたい日時での航空券の比較や、航空券とホテルをExpediaで予約するとホテルが安くなったりします。 航空券とホテルはここで取れば簡単に安く予約できるので本当におすすめです。

ホットホリデー

ビンタン島に行くのに下記のサイトを使いました。

www.hotholiday.jp

インドネシアだけでなく世界中で現地発のツアーの仲介をしているようです。 何度か問い合わせしましたが、対応もスムーズで丁寧でした。

まとめ

今回は7/24〜7/28で行ったシンガポール旅行について、訪れた場所と写真を紹介しました。 シンガポールは東南アジアとは思えないほど街中はきれいで、人も優しく、とても過ごしやすい場所でした。 とても楽しい旅行で大満足な旅でした。

また海外に行って非日常を楽しみたいと思います。 では、この辺で。

第222回(2017年7月23日)TOEIC受けてきました

こんにちは。
7月23日に第222回TOEIC Reading and Listeningテストを受けてきました。
第222回という記念すべきゾロ目を受けれて大変光栄に思います。
せっかくのゾロ目回なので、自己ベストも更新したい所存です。

今日の振り返りを行う前に、まずはこれまでのスコアの紹介です。 グラフにして紹介します。

f:id:hayato320:20170723201843p:plain

こうやってみると入社してから継続して英語勉強していい感じにスコアが増えているなぁと感じます。
前回には約2年ぶりに自己ベストを更新しました。 今回も勢いそのままに自己ベスト更新したいですね。

さて、前置きが長くなりましたが、今回の振り返りを行います。
各パートに分けて振り返りを行います。

Part1

問題用紙に画像が貼られていて、流れる4つの英文で正しく画像を描写している設問を選択するPartです。

何気に毎回1問くらいわからない問題があります

英文がAから流れ始め、ちょっと聞き取れなかったけど何か違うかなというのが続き、結局Dも違うじゃん!っていつもなります。

今回もなりました。笑

ここは初歩的なパートなので確実に点数を落とさないようにしたいです。

Part2

質問文が流れ、それに対する回答3つも流れ、正しい回答を選ぶPartです。

WhereとかWhenとかHowとか5W1Hだと聞き取れるのですが、WillとかDidから始まるとなかなか聞き取りにくい。。。

これはひたすら練習するしかないですかね。

簡単に思えて地味に取れない問題があるのがこのPartです。

Part3

2人か3人の会話を聞いて、問題用紙にプリントされている設問に回答するのがこのPartです。

ここは流れてきた英文が理解できる問題と理解できない問題ではっきり点数が取れる取れないが分かれます。

僕は事前に設問を読んでないと、会話が流れている時に問題を読んじゃって、問題が理解できなくなってしまいます。

今回もそれありました。笑

問題先読みするために英文読解スピードをあげることが、直近できる対策と考えています。

Part4

一人のスピーカーが空港やレストランなど様々なシチュエーションでアナウンスを行うPartです。

シチュエーションが分からないと全く問題が解けないのですが、ここも先に問題文を読んで推測する戦法をよく使います。
先に問題を読む時間がなかったらなかなか理解するのが難しいです。

今回も何問か流れてくる英文が分からなく適当に塗り潰してしまった問題がありました。

ポイントは確実に先読みすることと、分からない問題があれば塗り潰して先に進む勇気だと思います。

Part5

文法力、語彙力が問われるのがこのPartです。

たまにわからない問題がありますが、考えすぎずに先に進む勇気が必要です。

ここで時間を使いすぎるとPart7がだいぶ苦しくなります。

今回は比較的分からない問題に未練なく次に行けたと思います。

わからない問題はありましたよ。

Part6

読む問題数が多いので大変ですが、語彙力が問われるパートです。

空欄だけでなく前後も合わせて読み進める必要があります。

今回はまぁまぁかな?
比較的出来たと思います。

このPartも英文量は多いので、速読が求められると思います。

プラスして問題先読みすることと、前後の文脈から回答を推測することが必要です。

Part7

問題数が多く読解量が半端なく多いのがこのPartです。

分からない問題にハマると最後の問題まで読み進めることができません。

わからない問題は先に飛ばす勇気が必要です。

1問に1分以上かけると最後の方が時間がたりなくなります。

今回も最後2問は時間がなく塗りつぶしてしまいました。。。。

まとめ

今回のTOEICは会場と運営スタッフに恵まれ、スムーズに試験を受けることが出来ました。
Web結果は8月14日(月)くらいだと思いますので、それまで楽しみに待つことにしましょう。

第221回(2017年6月25日)TOEIC結果発表

今日2017年6月25日に受験したTOEICの結果がWebで公開されました。

今回はTOEICの点数を公表し、振り返り、次回の点数アップに繋げるための対策について考えたいと思います。

結果発表

早速結果発表です。

f:id:hayato320:20170718232116p:plain

今までの最高点は755点でしたので自己ベストを更新することができました。 ListeningとReadingの内訳までは記録しておりませんでしたが、おそらくListeningは最高記録かと思います。

今回のテスト対策として今までと特に違うところは、今回は iKnowのTOEICコース を使って重点的に対策を行っておりました。
iKnowについては過去に記事にしているので、参考にしてみてください。

www.enjoymylife.xyz

Readingセクションは残念ながら前回のほうが点数が高かったです。
新形式になって初めてTOEICを受けたのですが、問題量が多くなって時間が足りなくなっていると感じました。

問題量になれるには 問題をたくさん解いて解くスピードをあげる ことと 出て来る単語を推測しなくても良いように単語力をあげること が大事かと思います。

次回に向けて

次回に向けてといいつつ残り1週間を切っています。
対策としては引き続きiKnowを使って単語力UPとTOEIC公式問題集を使って問題の解く速さをあげることをやります。 Readingセクションについては時間内に解き終わるようになりたいです。

ところで、僕は今日まで知らなかったのですが、「TOEICテスト」から「TOEIC Listening & Reading」に名前が変わっており、公式問題集も三冊まで出てるんですね。
第一弾しかないと思っていたので、今日二冊Amazonで早速注文しちゃいました。

まとめ

次回のTOEICは2017年7月23日です。(近い、、、笑)
残された時間はあまりありませんが、引き続きiKnowとTOEIC公式問題集を使って頑張ります。

次回も自己ベストを更新し、夢の800点台に乗ってやりたいと思います。

では、今日はこの辺で。

iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellularが最高に素晴らしい

iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellularモデルを購入して1ヶ月が経ちました。

1ヶ月使用してiPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellularモデルは控えめに言って最高のデバイスであると感じました。
今回は一ヶ月使用して感じたiPadの素晴らしさについてまとめたいと思います。

f:id:hayato320:20170715213927j:plain

テザリングしなくて良いのがとても便利

私が購入したのはCellularモデルであるため、iPhone等で テザリングを行わずに 外でも使用することができます。

これが非常に便利なのですよ。

以前iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデルを持っていましたが、毎回テザリングが必要でかなり面倒でした。
テザリングするために毎回iPhoneをポケットから出して、テザリングをオンにして、接続して、ということをやっていました。
Cellularモデルはこの手間がないのが非常に大きいです。

Wi-FiモデルだとiPhoneを取り出した時点で、もうiPhoneで良いかってなるんですよね。

購入するならCellularモデルを強くおすすめします。

大きい画面は正義

iPhone7でネットサーフィンをしていると、画面が小さいと感じることがあります。
10.5インチというサイズは思いの外持ちやすく、かつ一度に見られる画面が広くなります。

やはり大きい画面は正義です。
一度に入ってくる情報が多いのでネットサーフィンがとても捗ります。

iPad Pro 12.9インチと最後まで悩みましたが、Apple Storeで実物を確認したところ、流石に12.9インチは大きすぎるなぁという印象でした。
お絵かき等する人には良いのかもしれませんが、メインが携帯の代わりくらいの用途の僕には、10.5インチがちょうどよかったと感じます。

iPhone7と比較しても性能が良い

実際に使ってみるとわかるのですが、iPhone7と比較しても動きがとてもスムーズに感じます。

これは 画面のリフレッシュレートが120Hz の効果が大きいのかもしれません。

iPhone7でもストレスを感じなかったのですが、iPad 10.5インチを使い始めてからストレスを感じるようになってしまいました。。。笑

とにかく何をするにもストレスなく使用することができます。

まとめ

今回はiPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellularについて紹介しました。
iPad Pro 10.5はとても完成度が高く、本当におすすめのアイテムです。
特にCellularモデルは素晴らしいので、購入するならCellularモデルの購入をおすすめします。

そして是非SIMはLINEモバイルを使用してみてください。

www.enjoymylife.xyz

ではこの辺で。

【Azure】Azure StackがGAしました!

Microsoft Azure Stack is ready to order now

7月10日開催されたMicrosoft Inspire 2017でAzure StackがGAしました。

azure.microsoft.com

InspireではAzure Stack以外にも様々なアナウンスがあったのですが、今回はAzure Stackにフォーカスして記事を書きたいと思います。 Azure Stackに詳しくない方が見ても分かるように、技術要素少なめで書きたいと思います。

Azure Stack概要

Azure StackとはMicrosoftが出しているオンプレ環境で使えるクラウドになります。 いわゆるパブリッククラウドのAzureのオンプレ版という位置づけです。

Microsoftはクラウドを「Cloud is a model, not just a place」と言っております。 つまりクラウドというのはパブリックにあるからクラウドというわけではなく、サービス観点から技術を使いやすくしたモデルだからクラウドなんだと、そのように僕は解釈しています。

以下がAzure Stackのログイン後の画面です。 Azureと同じUIで同じサービスをAzure Stackで利用できます。

f:id:hayato320:20170712030924j:plain

Azure Stackログイン後画面

Azure Stack構成

Azure Stackはハイパーコンバージドな構成で利用することができます。 ハイパーコンバージドなので、リソースを追加する際に筐体を追加するだけというシンプルな運用をすることができます。

AzureはWebから直接購入したり、リセラーから購入することができましたが、Azure StackはDell EMC, HPE, Lenovoなどの予め決められた提供元から調達します。 サポートもこの提供元を通じて得ることができます。 オンプレ環境ではVMwareとハードウェアの購入元が違うので障害時に別々に問い合わせが必要で、また、ハイパーバイザー層の問題なのか、ハードウェアの問題なのか 分からないことがしばしばあります。 Azure Stackではハードウェアベンダに問い合わせを投げる格好になるので、それもなくなるでしょう。

Azure Stackを購入できるベンダは下記に紹介があります。

azure.microsoft.com

メリット

Azure Stackのメリットは様々ありそうです。 特に、今までOpen Stackを使っていた人は興味深いでしょう。

  • パブリッククラウドのAzureに慣れている利用者にとっては同じ画面で、同じサービス(数は少ないですが)はとても使いやすい。
  • AzureとAzure Stackは管理基盤に使われている技術が同じらしく、Azureと同様のコマンド郡を使える。ということは、Azureで動かしていたスクリプトを接続先を変えてAzure Stackにも使うことができそう。
  • 社内規制などから重要なデータの置き場所を明らかにする必要がある。重要なシステム以外はAzureだから、データの置き場所を気にする以外は気にしたくない。
  • 社内でサービスとして利用者に展開できるため、管理者のシステム管理稼働が少なくなる。

考えれば考えるほど様々なメリットがありそうです。ここはもう少しちゃんと整理したいです。

価格

ハードウェアベンダからハードやソフトを購入する費用と、Azureと同様仮想マシンなどを使用すると従量課金で費用がかかるようです。
ハードやソフトの価格はベンダ依存ですが、調べても情報が出ませんでした。
なお、従量課金部分の金額は下記Microsoftのドキュメントにまとまっています。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/azure-stack/how-to-buy/

せっかくなのでオンプレのAzureと価格を比較してみましょう。
比較しやすいBlobで比較してみます。

Azure Stack Azure(LRS-HOT)
1TB/月/GB ¥0.62 ¥2.04

Azure StackはハードウェアとAzure Stackの費用が別に必要なため単純な比較はできませんが、Azureのよく使われるLRS-HOTよりもさらに安い値段となっています。
ハードウェアとAzure Stackの費用がどれくらいなのか知りたいですね。。。

まとめ

今回はInspire2017で発表されたAzure Stackについて概要、構成、メリット、メリットについて簡単にまとめました。
Shipmentが始まるのが9月ということで、まだまだ情報が少ないAzure Stackですが、今後も注意深くウォッチすべきテクノロジーと感じます。

また、ニュースがあれば紹介します。では。