読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あじゅらーの成長日記

にわかITインフラエンジニアがMicrosoft AzureなどIT関係全般を綴ります。

MacにXamarin(ザマリン)のインストール

スマートフォンアプリを開発したいので、まずは環境を整えたいと思います。

iOSAndroidの両方に対応しようと思うと、Xamarin(ザマリン)を使うと楽そうなので、普段使っているMacbook ProXamarin(ザマリン)をインストールします。

Xamarinとは

普通iOSAndroidの両方のアプリを開発しようと思ったら、それぞれコードを書く必要がありますよね。

iOSはSwift、AndroidJavaでコードを書く必要があります。

Xamarinを使うとiOSAndroidの両方に対応したコードをC#でかけるようです。

元々Xamarin自体は有料だったのですが、2016年3月にマイクロソフトがXamarinを買収して、個人の開発者は無料で使えるようになりました。

 

Xamarinのインストール

下記にアクセスしてXamarinのインストーラをダウンロードします。

https://store.xamarin.com/

 

Xamarn Studioを使用すると良さそうなので、Downloadをクリック。 

f:id:hayato320:20160731074442p:plain

 

名前とメールアドレスと会社名を入れて、Terms & Conditionsにチェックを入れて、Download Xamarin Studio Communityをクリック。

 

f:id:hayato320:20160731075204p:plain

 

dmgファイルがダウンロードされるので、それをダブルクリックしてインストール開始します。License Agreementにチェックを入れてContinueをクリック。

f:id:hayato320:20160731075902p:plain

あとはそのままポチポチ進めていくとインストールが完了します。

f:id:hayato320:20160731080923p:plain

Xamarinインストール完了。起動してみます。

f:id:hayato320:20160731081053p:plain

問題なくインストールできてそうです!これからいろいろ試してみたいと思います!