第222回(2017年7月23日)TOEIC受けてきました

スポンサーリンク

こんにちは。
7月23日に第222回TOEIC Reading and Listeningテストを受けてきました。
第222回という記念すべきゾロ目を受けれて大変光栄に思います。
せっかくのゾロ目回なので、自己ベストも更新したい所存です。

今日の振り返りを行う前に、まずはこれまでのスコアの紹介です。 グラフにして紹介します。

f:id:hayato320:20170723201843p:plain

こうやってみると入社してから継続して英語勉強していい感じにスコアが増えているなぁと感じます。
前回には約2年ぶりに自己ベストを更新しました。 今回も勢いそのままに自己ベスト更新したいですね。

さて、前置きが長くなりましたが、今回の振り返りを行います。
各パートに分けて振り返りを行います。

Part1

問題用紙に画像が貼られていて、流れる4つの英文で正しく画像を描写している設問を選択するPartです。

何気に毎回1問くらいわからない問題があります

英文がAから流れ始め、ちょっと聞き取れなかったけど何か違うかなというのが続き、結局Dも違うじゃん!っていつもなります。

今回もなりました。笑

ここは初歩的なパートなので確実に点数を落とさないようにしたいです。

Part2

質問文が流れ、それに対する回答3つも流れ、正しい回答を選ぶPartです。

WhereとかWhenとかHowとか5W1Hだと聞き取れるのですが、WillとかDidから始まるとなかなか聞き取りにくい。。。

これはひたすら練習するしかないですかね。

簡単に思えて地味に取れない問題があるのがこのPartです。

Part3

2人か3人の会話を聞いて、問題用紙にプリントされている設問に回答するのがこのPartです。

ここは流れてきた英文が理解できる問題と理解できない問題ではっきり点数が取れる取れないが分かれます。

僕は事前に設問を読んでないと、会話が流れている時に問題を読んじゃって、問題が理解できなくなってしまいます。

今回もそれありました。笑

問題先読みするために英文読解スピードをあげることが、直近できる対策と考えています。

Part4

一人のスピーカーが空港やレストランなど様々なシチュエーションでアナウンスを行うPartです。

シチュエーションが分からないと全く問題が解けないのですが、ここも先に問題文を読んで推測する戦法をよく使います。
先に問題を読む時間がなかったらなかなか理解するのが難しいです。

今回も何問か流れてくる英文が分からなく適当に塗り潰してしまった問題がありました。

ポイントは確実に先読みすることと、分からない問題があれば塗り潰して先に進む勇気だと思います。

Part5

文法力、語彙力が問われるのがこのPartです。

たまにわからない問題がありますが、考えすぎずに先に進む勇気が必要です。

ここで時間を使いすぎるとPart7がだいぶ苦しくなります。

今回は比較的分からない問題に未練なく次に行けたと思います。

わからない問題はありましたよ。

Part6

読む問題数が多いので大変ですが、語彙力が問われるパートです。

空欄だけでなく前後も合わせて読み進める必要があります。

今回はまぁまぁかな?
比較的出来たと思います。

このPartも英文量は多いので、速読が求められると思います。

プラスして問題先読みすることと、前後の文脈から回答を推測することが必要です。

Part7

問題数が多く読解量が半端なく多いのがこのPartです。

分からない問題にハマると最後の問題まで読み進めることができません。

わからない問題は先に飛ばす勇気が必要です。

1問に1分以上かけると最後の方が時間がたりなくなります。

今回も最後2問は時間がなく塗りつぶしてしまいました。。。。

まとめ

今回のTOEICは会場と運営スタッフに恵まれ、スムーズに試験を受けることが出来ました。
Web結果は8月14日(月)くらいだと思いますので、それまで楽しみに待つことにしましょう。