【Bielefeld】住民登録とオンラインバンク登録

スポンサーリンク

ドイツのビーレフェルトに赴任してほぼ一ヶ月が経ちました。

昨日でホテル暮らしがようやく終わり新居に住んでおります。家具なしの家なのですが、何もない広い家に住むのは寂しいです。

さて、今日はビーレフェルトでの住民登録とオンラインバンクの登録について記事にしたいと思います。

住民登録の方法は同じドイツでも都市によって異なります。
他の都市での住民登録の方法は見つけられたのですが、ビーレフェルトでの記事は見つけられなかったので、ビーレフェルト版としてまとめることにしました。

オンラインバンクについてはN26という銀行を開きました。 N26については基本的には迷うことなくN26のページより開設ができたのですが、一箇所登録にあたり迷うところがありましたので、その部分だけ記事にしたいと思います。

住民登録 (Anmeldung)

ドイツでは住民登録のことをAnmeldungと言います。

原則、90日以上滞在する場合は、ドイツに入ってから2周間以内に住民登録する必要があるようです。 住民登録を行わないとビザの取得がないよう?なので、私はホテル滞在中にホテルの住所を使って住民登録をしました。

ビーレフェルトで住民登録に必要な書類は以下の3つです。

  1. 申請書
  2. 大家による署名
  3. パスポート
  4. 戸籍謄本(入籍を証明する場合)

申請書は市役所で市の職員が作成してくれるので事前に作成する必要はありません。 住民登録する際に、住んでいることを証明する「大家の署名」が必要になります。 この書類は市役所にありますので市役所に取りに行く必要があります。(つまり最低市役所には2回行く必要があります。)

パスポートは大丈夫ですよね。

さて、4つめの戸籍謄本ですが、私は既婚なのですが、住民登録する際に”既婚を証明する書類”がありませんでしたので、”不明”と登録されてしまいました。これはあとから変えられるようなのですが、はじめに書類があったほうが良いでしょう。

なお、市役所の場所はRathausが最寄り駅です。 場所として以下になります。

区役所は朝7:30から空いています。 曜日によって閉館時間が異なるのでホームページを参照してください。ドイツ語ですが、なんとなく読めます。

https://www.bielefeld.de/de/rv/ds_stadtverwaltung/afb/

朝一で行くとすぐカウンターに案内されますので、必ず朝一に行きましょう。 朝一以外は行ったことないですが、オープンと同時にかなりの人が入りますので、時間がかかることが想定されます。

ちなみに、ドイツ語→英語に翻訳するのはDeepLというサイトが便利です。 綺麗に英語に翻訳してくれるのでとても便利です。

DeepL Translator

オンラインバンク N26

さて、次はオンラインバンクのN26についてです。
他の銀行と異なり、英語で書かれたウェブサイトから申し込みが可能です。
申込み自体は10分くらいで終わるため、大変お手軽ですし、必要な書類もパスポートのみなので申込みは非常に簡単にできます。

一点、私が勘違いしていた部分があるので、共有します。

登録時にデリバリーのオプションが表示されます。 通常2周間かかるカードのデリバリーが2営業日でできると記載があり、私はすぐに口座番号が欲しかったので、申込んだのですが、口座番号がほしいだけなら上記オプションに申し込む必要はありません。 オンライン上で申し込んだ直後に口座番号が払い出されます。 なお、カードがすぐにほしい方はオプションを洗濯しましょう。

まとめ

今回は住民登録と銀行口座の開設について記事にしました。 初めてのドイツ生活で不安もありますが、厳しいと言われていた市役所の職員も優しく、とても楽しく過ごすことができております。 (まだビザ申請できてないのが不安ですが、、、笑)

今後、生活面のtipsだけでなく、仕事で携われるテクノロジーに関しても記事にしたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。