非英語圏在住者向け!Google Driveを使って画像から文字起こし!

2018年1月からドイツに来ているが、未だにドイツ語はよくわからない(ちゃんと勉強してないから当然)ので、ドイツ語の書類・手紙が来るとめちゃくちゃ困る。

はじめは役所とかから来た紙の手紙を手打ちで文字を起こし、Google翻訳などの翻訳サービスに突っ込んで、英語化して読んでたけど、さすがにもっとITで解決できるだろっと思って調べたら、Google Driveで解決できたので共有したい。

僕はビーレフェルトという都市に住んでいて日本人との交流がほぼないから、他のドイツ在住日本人(並びに、非英語圏に住む方々)がどれだけ困っているのか分からないが、意外にみんな知らないのではと思ったので記事にした。

f:id:hayato320:20181202185913j:plain

ドイツ語ドキュメントがこうなる

まず、結果から共有したい。
これは電気会社からきた書類なのだが、ドイツ語が読めない僕にとってはまったく何をすれば良いのか分からない。
これをテキストに起こすことさえできれば、あとはGoogle翻訳などの翻訳サービスを使えば英語や日本語にでもできる。

f:id:hayato320:20181202165850j:plain
変換前写真

これをスマホで写真を取って、Google Driveにアップロードし、ドキュメント変換するとこうなる。

f:id:hayato320:20181202170648p:plainf:id:hayato320:20181202170710p:plain
変換後ドキュメント

はてなブログの便宜上、写真形式で上げているが実際はGoogleドキュメント形式になるので、これをGoogle翻訳やDeepL(僕はこっちのほうが好み)にCopy & Pasteすれば、ドイツ語が読めない僕でも理解できる言語になる。これは革命だ。

文字起こしのやり方

文字起こしのやり方は以下のブログが分かりやすかったので参考にしてほしい。
(OCRというのはドキュメントからコンピュータが読める文字を起こすものの呼び方である)

keikenchi.com

ちなみに、Googleによると2018年12月現在226の言語に対応しているため、かなり多くの方がGoogle Driveを使って文字起こしできるのではと思っている。

support.google.com

Google翻訳やDeepLの使い方は記事にするまでもないので今回は省略。

まとめ

今回はGoogle Driveを使った文字起こし方法について紹介した。
実は僕はこのやり方を、ドイツに住んで半年以上立ってから見つけた。
他の英語圏に住む日本人が、僕がした苦労と同じ苦労をしないことを願うばかりである。

実体験に基づくフルマラソンを完走する方法まとめ

Hayato (okayHyatt) です。

ここ1ヶ月で連続して3つのフルマラソンに出場して、準備も含めて、フルマラソンの望み方が分かってきたので、まとめようと思います。

ちなみに私は自己ベスト3:29:26のどこにもありふれた市民ランナーです。
理論ではなく実践を通じて得たノウハウですが、参考になれば幸いです。

f:id:hayato320:20181113054416j:plain

準備編

準備といっても数日前からで、練習についてはここでは説明しません。
準備で大事なのはカーボローディングです。
具体的にはレースの3日前からカーボローディングを始めます。レースが日曜の場合は木曜日からです。

基本的にはパンとかパスタとかご飯とか芋とかを食べまくります。
ご飯とか餅があればそれが良いと思いますが、私みたいに海外に住んでいてご飯を食べるのが難しい場合は、パン・芋・パスタを食べまくれば良いと思います。

お酒は飲まない方が良いです。
お酒飲んだらダメって言われている理由が、レースに向けて蓄える必要があるグリコーゲンがアルコールの分解によって使われるということがありますが、私にはもう一つ理由があって、カーボローディングのためのご飯を食べられないからです。
ビールではなくちゃんと食事からカーボローディングするのが大事です。

持ち物編

持ち物で重要なのはガーミンはもちろんのこと、エナジージェルです。私は100kcalのものを5つがちょうど良いです。
エイドステーションのタイミングにも依りますが、だいたい7kmごとに摂取します。
服装の上はいつもノースリーブです。脚にコンプレシッションをつけ、すごく寒い場合は腕にザムストをつけて走ります。

レース編

事前に目標タイムを決めるので、おのずと目標ペースも決まります。
ただ、実際のペースは、走り始めてからの心拍数を参考にして決めると良いと思います。

私の場合は20kmまでは170行かないくらいがちょうど良いです。
基本前半は我慢して走るのですが、15-20kmで20-30kmの走り方を決めます。
もし疲れがすごく出てる場合は20-30kmは大胆に落とします。
なぜなら、無理して走ると30km以降歩かなきゃいけないくらい持たないからです。
歩くくらいなら全体的にペースを落としたほうがトータルは早いです。

30kmまで来て割と調子が良くても35kmまでは我慢します。
30-35kmを調子に乗ってペースを上げると、そのあとガタ落ちするからです。

30km以降は心拍数が少しづつ上がってきますが、気にしません。
ゴールに近づくにつれ心拍数が200くらいまで行きますが、前半飛ばしてない分ゴールまでペースをキープできます。
むしろ35km以降はペースを上げても問題ないことが多いです。
私は35km地点から皇居を思い出しながら走っています。距離感が掴めて良い感じに走れます。
普段走り慣れているコースを思い出すと距離感がつかめて良いと思います。

さて、2018年9月、2018年10月に実際に走った1.ベルリンマラソン、2.ケルンマラソン、3.アムステルダムマラソンのペース、心拍数、ケイデンスをみてみます。

ベルリンマラソン(9/16)

f:id:hayato320:20181113052027p:plain

きれいにほぼイーブンペースです。
心拍数ははじめは高いですが、その後は170以下で安定して、30km手前から増加し、ゴールするときは200以上でした。
平均値は高めですが、理想な心拍だと思います。

ケルンマラソン(10/7)

f:id:hayato320:20181113052046p:plain

スタートから全体的に心拍数が高いです。
時々180になるくらい高くなってしまっています。
このときは20km-30kmで大胆にペースを落として(6:00/kmくらい)、30km以降に備えました。
30km以降はペースを少し上げ、5:25/kmくらいで走り、そのままゴールしました。

やっぱりはじめから心拍数180くらいでスタートすると、そのままゴールまでキープするのは難しいということがわかりました。

アムステルダムマラソン(10/21)

f:id:hayato320:20181113052102p:plain

他の2つに比べると心拍数がきれいなことがわかります。
20kmまでは完全に170以下、20km-30kmは170を超えていますが、それでも173くらい。
30km以降は基本は180を超えて走り続けて、ペースを上げながらゴールしました。

やはり、序盤は心拍数を170以下でキープして、30kmにペースを上げというのが合っているようです。

まとめ

今回はかなり具体的にレース数日前から当日までの作戦を共有しました。

心拍数は使っているランニングウォッチに依ると思うので、普段の練習と照らし合わせながら調整されると良いと思います。

普段、私が使っているのはGarmin 225Jです。
その他のグッズも合わせて過去に記事にしているので合わせてどうぞ。

www.enjoymylife.xyz

上司・同僚からフィードバックをもらうために必要なこと

Hayato (okayHyatt) です。

最近、自分がビジネスパーソンとして成長するにはどうしたら良いかしばしば考えます。

私も含めて多くの人はサラリーマンでしょうから、今の環境でいかに成長するかというのが、ビジネスパーソンとして成長する肝だと思います。

私は日系のSIerで働いてます。
大企業ということもあり、社内規則はしっかりしています。
評価面談のタイミングや実施の仕方、役職ごとにどのような人材要素が求められるかまで規定されています。
入社した時は特に感じなかったのですが、これはとてもすごいことだと思います。
ルールを規定することや、メンテナンスすることにもコストがかかりますから、大企業ゆえの体力があるからできることなのでしょう。

しかし、人材が成長するのに必要なフィードバックについてはまだまだ改良の余地があると思います。

今回はこのフィードバックについて記事にしたいと思います。

なぜフィードバックが必要だと思うのか

単純な話なのですが、自分のことを客観的に見るのは難しいです。
自分の普段の行動、考え方がビジネスパーソンとしてふさわしいものなのか常に考えながら仕事をしてますが、傍から見たときにそれがふさわしい行動・考え方なのかは分かりません。

そのため、他の人から見て自分が行なった仕事ぶりについてフィードバックをもらうことは、自分の仕事ぶりをアップデートできる材料になると思います。
もし、フィードバックの内容について同意できるなら素直に反省すれば良いし、もし納得できないならなぜ徹底的に議論することで、フィードバックを自分にインストールできると思います。

弊社のフィードバックはどうか

弊社では残念ながら、フィードバックの文化はそんなにないと思います。私は少なくとも評価面談のたびに(3ヶ月に一回)、上司に、

  • 自分の役職、または自分の一個上の役職から考えて、自分が足りないところはどこか(ハードスキル、ソフトスキル)
  • 上司からみて自分がここは期待を超えてできたと思うところはどこか

上記のことを聞いても、ちゃんとした返答が返ってくることは中々ありませんでした。
また、同僚からフィードバックをもらうことはありません。
つまり、上からも横からも(下からも)フィードバックをもらうことはありませんでした。

出向先(ドイツ)の会社ではどうか

素晴らしことに、ドイツの会社ではフィードバックする文化があります。
例えば、同僚の前でプレゼンする機会があったのですが、プレゼン終了後の帰りの車の中、同僚それぞれからフィードバックを頂くことができました。
その時は、あぁそのような見方もあるのかというくらいしか思わなかったのですが、他の人のプレゼンについて聞かれた時に「良かったと思うよ」くらいの答えをしたら、「何もフィードバックをしないのは良くないよ。相手が成長するために言うんだから、改善余地があったら言ったほうが相手のためになるよ。」と言われて、同僚同士でもフィードバックをするのかと驚きました。

フィードバックするというのは相手の成長のために同僚同士でもどんどんするべきなんだとその時に感じました。

フィードバックをもらうためには

フィードバックをもらうためには、自分の努力も必要なのではと思います。

少なくとも弊社ではフィードバックをする文化はあまりないと感じのですが、フィードバックをすることは相手を思ってすること、という価値観をみんなが理解することが必要です。また、それを口で伝えることも必要だと思います。

また、お互い人間ですから、良好な関係を築くことも必要でしょう。

私が日本にいた時は上記の視点が抜けてました。
フィードバックをもらうため良好な関係を築くこと、フィードバックはしっかりほしいことを周りに伝えることは重要だと思います。
逆に、後輩にも、後輩のためのを思ってフィードバックをしていることを理解してもらうことが大事だと思います。
それを伝えた上で後輩にもちゃんとフィードバックをしたいと思います。
もし、フィードバックした結果、後輩があまり納得しないようだったら、納得するまで説明するのが先輩の役目でしょう。納得するまで説明することで先輩も成長します。

まとめ

自分がビジネスパーソンとしてより成長するにはフィードバックは不可欠です。
また、フィードバックをもらうための努力も必要だと思うので、ちゃんと周りに伝えることと、良好な関係を築くことをしっかりやりたいと思います。

弊社にもフィードバック文化を作っていき、みんなが成長できる環境を作っていきたいです。

ドイツに海外赴任して10ヶ月が経ちました

Hayato (okayHyatt) です。

2017年9月に部署異動があり、パブリッククラウドの設計・構築を行う部署から、IoTを中心としたデジタルソリューションを海外勤務しながら展開するチームに異動しました。
海外赴任は2018年1月からなので10ヶ月経ちましたので、パブリッククラウドを使った設計・構築等を行っていた私が、部署異動してまで海外勤務した理由と10ヶ月の成果をまとめておきたいと思います。

プロフィール

そもそも私がどのような経歴かを話しておきます。
理工学系大学院を卒業後、いま勤めている会社に新卒としてに入社しました。
基盤系の配属となり、自社が提供するVMwareを使った共有型サーバ提供サービスの保守運用に携わるようなりました。 はじめの3年間は監視サービスを提供するチームに所属し、監視システムの更改案件や、様々な改善活動を行いました。そのチームでは主にOS以上のレイヤに携わることが多く、もう少し基盤系のスキルを習得したいと考え、物理サーバレイヤからハイパーバイザ、OSくらいまでを扱うチームに異動させてもらいました。 2年くらいはそこのチームで基盤系スキルを身につけておりましたが、ここ2年はAWSやAzureの設計・構築支援やアライアンス等を行っておりました。 これから分かるように一つのチームでじっくり深く知識を深めるというよりも、色んなチームで広く知識を深めていくようなキャリアを歩んでいました。

グローバルへの思い

実は就職する前からグローバルで活躍できるビジネスパーソンになりたいと考えてました。
大学時代は物理学を専攻しており、そこそこ外国の方とコミュニケーションを取る機会がありました。
それがあったからか就職活動のタイミングで自己の棚卸しをした時に、「いつかは海外で働きたい」と思っていました。

なぜ今の会社に決めたかというと、今の会社の説明会の際に、グローバルで働けることを主張していたからです。
IT系でグローバル感を出す会社も珍しかったので、この会社にしようと思ったことを覚えています。

大学院時代就職活動終わった後にグローバルに働きたい旨を教授に伝えたら、博士課程に進むことを進められたことはいい思い出です。笑

面接時とか内定貰った後の面談の時にもグローバルで働きたい旨を主張していました。

英語力は???

じゃあそんなにグローバルを主張していた私の語学力がどうだったかというと、全然英語は喋れませんでした。
もちろん今でも全然喋れるとは思っていないのですが、当時はTOEICスコア500点くらいでした。笑

当時は相手が話していることもほとんど理解しておらず、コミュニケーションを取るのも難しかったくらいの英語力だと思います。

そんな私も継続して英語の勉強していることもあってか、TOEICのスコアが2017年時点で、 845 まで伸ばすことができました。 これは個人の努力だけでなく、当時の所属組織が優先的に枠の少ない社内英語研修を割り当ててくれた結果でもあります。
語学力はまだまだ発展途上なので、引き続き勉強を頑張っていこうと思います。

どのような仕事をしているか

さて、じゃあ海外でどんな仕事をしてるかということ、SAP Leonardoを使ったIoTやブロックチェーン関連の仕事をしています。
総務省が情報通信白書でも語っているように、AI/IoT関連で経済成長が加速していくことが期待されています。
弊社でもIoT関連のグローバルソリューションを作りたいという思いがあり、とりあえずソリューションベースを持っている部署から誰か送り出そうということになったようです。

英語を使って仕事がしたい!っていう気持ちと、これから伸びるマーケットで働きたい!という思いがあり、ちょうどよい公募があったので応募しました。
まぁたくさんの人が応募するだろうし、割と広いレンジの役職で募集しているみたいだったので、受からなくても仕方ないなと思っていました。
そしたら、書類エントリー、一次選考、二次選考、最終選考とあれよあれよと突破してしまって、公募に受かってしまいました。笑

合格理由を聞いたら、IoTの知識もないけどガッツがあるからということだそうです。笑

10ヶ月の成果

海外赴任にありがち(?)なのか、出向先の会社の出向元の会社で特に何をやらせるかは決まってなく、自分で現地でどのような貢献ができるか、また日本でどのような貢献ができるか考えながら仕事せよということでした。

私は上記の通り、クラウド領域にテクニカルなバックグラウンドがあるのでそれは活かせるだろうと、あとは私は新しい領域をすばやく学びアウトプットするということが得意なので、現地で困っていることをキャッチアップしてアウトプットするということを繰り返して貢献しようと考えました。

その考えを基に、出向先の会社で困っていることをすばやくプロトタイプで実現し、それを基にディスカッションをし、ブラッシュアップをしました。

私がいる部署はどちらかというとR&D的な部署で、そこで得た知見をカントリーオーガニゼーションにフィジカルセミナーやWebinarを通じてフィードバックしました。

そのような活動を通じて、なんとか認められるようになり、現地会社の社員としてカスタマーイベントで登壇することができました。
ちなみにそのカスタマーイベントはドイツの顧客向けで全50セッション位あるなか、私のセッションは唯一の英語。 そんな特別扱いで、発表させてもらい、本当に良かったと思っています。

あと一年をどう過ごすか

今年の1月から実際に赴任して、自ら積極的に動き、現地組織での貢献ということを意識して、活躍できそうな機会を見つけ、現地からも認められ、良い働きができたと思っています。
本社の目線で考えず、現地社員の目線で、出向先の会社に貢献することを第一で考えたことが良かったと思います。
しかし、実際に自分がお客様の前に出て説明する機会はあまり設けられてない状態です。今後は、積極的に自分がお客様の前に出て、ソリューションを売っていこうと思っています。
現地のメンバーで自分の成果を取られると思っているのかあまり協力的でないメンバーも居るのですが、そこはうまくやりつつ巻き込みながらやっていきたいです。

私がソリューションを売ることで現地への貢献をしていきたいともいます。

帰国する予定が2019年の10月末なので、後悔のない一年にしようと思います。

モチベーションが高くなるTwitterおすすめアカウント

Hayato (okayHyatt) です。

最近NewsPicksを有料契約して毎日有料コンテンツを観まくってます。
特にWeekly Ochiaiが好きで色んな著名人との対談動画が大好きで毎日観ています。

今回は対談で出演された面白いビジネスパーソンのTwitterを紹介したいと思います。フォローしたらとてもおもしろい方々で、有益で、モチベーションが上がるアカウントだったので是非皆さんもフォローすることをおすすめします。

@tabbata

田端信太郎さん。
慶應義塾大学卒業後、NTTデータに就職、その後、 ライブドア、LINEなどを経て現在はスタートトゥデイで働いています。 常に直球勝負で熱量がすごい人です!Twitterでも色んな人とバトルをしています(笑)。 フォローするとすごく面白いです。

twitter.com

@ochyai

落合陽一さん。
メディアアーティスト。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)認定スーパークリエータ。
BBC、CNN、TEDxTokyoをはじめ、メディア出演多数。
2015年には、TIME誌とFortune誌による、技術分野の世界的研究者を選ぶ「ワールド・テクノロジー・アワード」を受賞。
〈現代の魔法使い〉の異名を取る。

DMMサロンの紹介から持ってきましたが、意味がわからないくらい色んなことをやっている人です。
Weekly Ochiaiを観て彼の思考の深さ、頭の良さを感じ好きになりました。

twitter.com

@minowanowa

箕輪厚介さん。
幻冬舎の編集者。

ベストセラーの本を多数出版。ものすごくバイタリティが高い人です。人柄がとても良いのが動画からひしひしと伝わってきます。個人のブランディングがすごく、サラリーマンの器では無いようです。いや、もしかするとサラリーマンもこれくらいのブランド力を身につける時代なのかもしれません。

twitter.com

@UGMD‏

前田裕二さん。
SHOWROOM株式会社代表取締役社長。 早稲田大学卒業後、UBS証券、株式会社ディー・エヌ・エーを経て、SHOWROOMを設立。

石原さとみさんとの交際で噂になった人です(笑)。とにかく内省する姿勢と努力が圧倒的です。人柄がとても素敵です。「人生の勝算」という本を出されてますが、彼の人生、どのように努力をしたかなど、色々参考になると思います。

twitter.com

まとめ

今回は最近素敵だと思ってフォローを始めたアカウントを紹介しました。
ぜひ素敵なアカウントをフォローしてモチベーション高く働きましょう。
逆におすすめのアカウントがあれば教えてください。