デュッセルドルフでリモワ(RIMOWA)をお得に購入しよう!

Hayato (okayHyatt) です。

今回はデュッセルドルフでリモワ (RIMOWA) をお得に購入する方法を紹介します。

RIMOWAは日本で購入しようと思うと非常に高価なことでも有名です。
参考までに日本で正規代理店の価格がこちらです。

http://www.hayashigo-store.com/brand/rimowa/salsa_air?gclid=CjwKCAjwssvPBRBBEiwASFoVd9Znly_W3MbzXPbOmU24MH-42d95DSK9kfZVIUl4ViBAa5s2SsxwdBoCT9sQAvD_BwEwww.hayashigo-store.com

また、RIMOWAがドイツ生まれということもあり、ドイツのルフトハンザ航空とコラボしたモデルがドイツ限定で販売されています。

今回はデュッセルドルフ空港で、RIMOWAを購入する方法と、購入したRIMOWAを簡単に紹介します。

購入したRIMOWA

早速ですが購入したRIMOWAはこちらです。

f:id:hayato320:20171027190926j:plain
リモワ ルフトハンザ アルミニウム64L 3〜5泊用

f:id:hayato320:20171027191028j:plain
リモワ ルフトハンザ アルミニウム32L 1~3泊用

f:id:hayato320:20171027190916j:plain
64Lと32Lのセット

セットで安くなっていたので2つ購入してしまいました。なお、以下のサイトによると
64L 141,000円(税抜)
32L 136,000円(税抜)
という非常に高価になっています。合わせて
299,160円(税込) という恐ろしい価格です。

www.suitcase-mania.net

今回はこれを1199€(約13万8,816円(免税含む))で購入しました。

さて、具体的な購入の仕方、特に免税のやり方について紹介します。

具体的な買い方

以下の手順で購入すると、購入した金額のいくらかを受け取ることができます。

  1. ワールドショップでRIMOWAを購入する。
  2. 税関にいきRefund(返金)のチェックをしてもらう。
  3. ChangeGroupに行き返金してもらう。

ワールドショップでRIMOWAを購入する

ワールドショップに行き、ルフトハンザ限定モデルのRIMOWAを購入します。
ワールドショップの場所は空港右手のチェックインカウンターの反対側にあります。

f:id:hayato320:20171029194412j:plain
ワールドショップの位置

購入する際に店員に免税してもらうたい旨を伝えます。
そうすると、店員さんが免税のための書類を記入してくれます。
これがないと免税を受けることができないため重要です。

税関にいきRefund(返金)のチェックをしてもらう

次に税関に行き購入した商品のチェックをしてもらいますが、その前に チェックインカウンターに行き手荷物を預ける手続きをする 必要があります。
その際、スーツケースは免税する旨を伝えて、チェックインカウンターではスーツケーツを預けず、受託手荷物のバーコードシールを貼ってもらいます。

免税対象のスーツケースだけの状態になったら税関に行きます。税関の場所は以下です。

f:id:hayato320:20171029195320j:plain
税関の場所1

暗くて少し分かりづらいですが、税関の外観はこんな感じです。

f:id:hayato320:20171029195909j:plain
税関外観

ここでパスポートと一緒に免税書類を見せると、スタンプをもらえます。

MONEY CHANGEに行き返金してもらう

税関でスタンプを貰ったらChangeGroupに行きましょう。ChangeGroupは税関の近くにあります。

f:id:hayato320:20171029200233j:plain
ChangeGroupの場所

外観はこんな感じです。青いのですぐわかると思います。

f:id:hayato320:20171029201332j:plain
ChangeGroupの外観

ここで先程の書類を渡すとRefundを受け取ることができます。
Refundはなぜか現金のみしかできないと言われたのでEUROでの受取になりました。
普通はクレジットカードによる返金もえらべるはずなので、クレジットカードに返金してほしい方はその旨伝えましょう。

まとめ

今回はRIMOWAで免税を受ける際の具体的な手順について紹介しました。
折角ドイツに行かれる方はルフトハンザ航空とコラボした限定RIMOWAをお得に購入するのはいかがでしょうか。