ドイツでエンジニアとして一年間働いて感じた7つのこと

日本の大手SIerからドイツの会社に出向して一年が経ちました。29歳からスタートして30歳の大台にの乗りました。

現地ではエンジニアとしてIoTとブロックチェーン関連に携わっており、現地に馴染むこと・認められることに費やした半年を経て、特に後半は充実した日々を過ごしていました。

最近はグローバルの案件が増えているといっても、エンジニアとして海外に出向する例は多くありません。 今回は、ドイツ駐在がちょうど1年終わるということもあり、ドイツ駐在を通して感じたことを記事にまとめたいと思います。 普段働いている会社のバイアスがだいぶある気がしますが、よろしくお願いいたします。

f:id:hayato320:20190113171131j:plain

ドイツ人の働き方について

まず、ドイツ人は非常に合理的に仕事をしているように思います。 論理的というよりも合理的という方が近いです。

例えば、メールを僕から出す際に、質問を3つに分けて行っても、1つしか返ってこないことがしばしばあります。 「1つ答えればあとは分かるでしょ。3つ答える時間が無駄。」とのことです。合理的。

また、オフィスに居る時間は長くありません。

朝7-8時に出社して、17-18時には退社します。 19時にオフィスに誰かがいることは相当稀です。

こういうと「ドイツ人全然仕事してないじゃん」と思うかもしれませんが、少しそれは違います。 お客さんに接するような職種(営業やコンサル、プリセールス)などは、欧州中を朝でも晩でも移動しますし、リモートワークの文化が進んでいるので、一度家に帰り、子供を保育園からピックアップしご飯を食べさせた後で、また働き始めるような方もいます。

そんな中でも若い人は総労働時間を意識して、多く働いた次の日は早く帰る等して調整してるのですが、役職が上がってくるとそういうわけには行かないようです。 上から求められる成果が大きくなるため、プレッシャーが多くなりがち、残業も多くなりがち、出張も多くなりがちな傾向があるようです。

日本も同じ傾向だと思うので、働いてる時間は日本と同じだけど、日本よりも楽しく働いているというのがドイツ人に持つ印象です。

f:id:hayato320:20190115050431j:plain

休みが多いは本当か?

出向先の現地メンバーから年間30日有給が貰えると聞いて、「さすがドイツ!休みが多い!」というのが最初に感じた印象でした。

しかし、1年間暮らしてみて感じてたのは、「日本にいた時と比べて意外と休めてないかも!?」というものでした。 疑問に思ってドイツと日本の休みの日数についてカウントしてみると、以下のようになりました。


f:id:hayato320:20190113171221j:plain


意外にも年間5日間も、日本の方が多いという結果でした。

じゃあなぜ、ヨーロッパ人はよく休むと思われているのか?

一回に休む期間が長いからでは?と考えています。

2-3週間の休みを年に2回〜3回取得します。日本のように有給を細切れに取得するのではなく、イースターの時期や夏休みにまとめて取る人が多いです。 上司からも少なくとも夏休みは2週間は連続で休むことを推奨されます。人によっては1ヶ月まるまる休む人もいます。 会社全体の休みに関する考え方が日本と異なるため、長期で休みが取れ、ヨーロッパ人はよく休むと思われるのだと思います。

ただし、その担当者がいない間にじゃあ本当に仕事が回るかというとそういうわけでもありません。 しばしば、担当者不在で依頼していたことが止まりますし、それは客の立場で考えれば、決して便利なわけではありません。

ドイツでは、迷惑はかけてしまうもの、他人の迷惑は許容するもの、というマインドがあるように思います。

ドイツも日本もそれぞれの文化やマインドがあり、どちらが優れているというものでもありません。
日本人としてドイツの会社・人と仕事をするにはこの辺の事情を理解することが重要だと思います。

f:id:hayato320:20190113175534j:plain

ドイツ人は家族との時間を大切にする

彼らの人生の優先度第一位は、間違いなく家族です。 例えば先ほど夏休みで1ヶ月休む人もいるという例を出しましたが、それは子供の夏休みに合わせて1ヶ月休んでいます。また、あるメンバーが10月に2週間くらい休むと言っており理由を聞いたら、子供の秋休みに合わせるため言っていました。

このように、彼らの生活は、自分の家族を中心に回っており、会社もそれに対する理解があるから成り立っています。

会社がなぜその人に理解があるのかというと、「お互い様」文化があるからだと思います。上司も子供が小さい頃は、上の人に理解を示してもらいながら子育てをしていたため、自分の部下が子育てのために休暇を取るのも「お互い様」です。

このような良い連鎖が社会全体であるから、長期休暇を取り、子供を育てる文化が育まれてるのだと思います。

僕はこの「お互い様」文化は素晴らしいと思っていて、最近は良くなってきている思いますが、日本もお互いがお互いを許容することによって、もう少しマイルドが醸成されることを願っています。

f:id:hayato320:20190113171317j:plain

経済が順調な理由

ヨーロッパの中で経済面でドイツは順調と言われています。その順調な経済を支えるのが、『車産業』です。

国土ランキングでは日本が62位でドイツが63位とあまり変わりませんが、車社会が発展するいくつかの要素があると考えています。

一つ目が、都市が分散していることです。 例えば日本の都市といえば?とほとんどの方は東京と答えるのではないでしょうか?

しかしドイツは各都市が良い感じに全土に分散しています。人口が多い都市でいうと、ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルン、フランクフルト、シュトゥットガルト、ドルトムント、デュッセルドルフが全土に分散しており、ドイツ人は各都市を車で移動します。

二つ目が、アウトバーンです。 ドイツにはアウトバーンというものがあり、制限速度がない高速道路があります。 実は区間によっては制限速度があるのですが、それでも120kmなど高めです。

日本で東京→名古屋間を移動しようと思うと、車より新幹線の方が早いと思いますが、ドイツでは違います。一番早い移動手段は車です。
なので、都市間の移動には車を使います。

三つ目が、カンパニーカー制度です。
ドイツでは、比較的若い年次から一人一台カンパニーカーがあてがわれます。このカンパニーカーは私用でも使うことが許されているため、自家用車は持ってなくてカンパニーカーのみという人も多いです。 ただ、カンパニーカー自体を持つにもお金はかかるのですが、2年で乗り換えられることや、決められた月額を払えば、ガソリン代は会社持ち等理由から、カンパニーカーを喜んで使っています。 また、役職が高くなるにつれグレードも高くなるため、『出世して良いカンパニーカーに乗ること』が彼らのステータスになっています。

四つ目が、電車が頻繁に遅れることです(笑)。 ドイツでは電車一本あたり平均6分遅れるとら言われており、本当にしばしば電車が遅れたり、そもそも来なかったりします。 大事なお客さんとの打ち合わせに電車のスケジュールによって遅れるわけには行かないですから、主な移動手段は車になります。

ドイツの経済について語る章なのに、ほとんど車の話になってしまいましたが、このような車産業を中心にドイツの経済は回っています。

この車産業を支えるための仕組みを国が作っているのは(最後のは違うけど)、国としての戦略が見えてきてとても良いと思います。 特定産業に肩入れするのは、その他の産業から声が上がりそうではありますが、日本も政策・制度によって、成長戦略を見せるのも良いと考えています。

f:id:hayato320:20190113171657j:plain

多様な環境の中で働くこと

日本にいるときに比べて、圧倒的に多様性を感じます。 会社の話をすると、僕のいるチームがクロスカントリーのチームということもあって、ドイツ人だけでなく、イギリス人、ベルギー人、デンマーク人、マレーシア人、インド人、アフガニスタン人、日本人(僕)と多様性に富んでます。

それぞれのバックグラウンドが異なるため、これは○○さんがやってくれるだろうとか、話の背景から分かるでしょみたいなものは通用しません。 そのため、役割分担、担当者の明確化をハッキリさせることに時間を取っているように思います。

日本人と仕事をしていると、わざわざ言葉にしなくても担当者が意図を汲んでやってることが多いです。
そのため、ぶっちゃけ日本人と仕事をしている方が楽ですが、ここを避けると、グローバルで仕事はできないと思います。

仕事によって特色はあると思いますが、多様性があり許容できる社会のほうが、良いアイデアが生まれる、人材確保の点で有利等、日本がグローバルで勝負するには多様性を受け入れ組織する力が必要不可欠だと思います。

note.mu

f:id:hayato320:20190113180519j:plain

日本人のバリューとは(出向者のバリューとは)

役職によって求められるバリューは異なると思いますが、30歳で日本での役職も下から二番目の僕が求められるバリューは下記になります。

  • Japanのビジネス状況やソリューションを紹介し、現地ビジネスを活性化する
  • 現地会社のとりくみを日本に紹介し、コラボレーションの機会を創出する
  • Japan発のR&D予算の取り組み等に対して窓口となって予算獲得をサポートする
  • 日系企業に対してプリセールスをする
  • 現地でしかできない経験をすることで、グローバル人材として将来活躍する

特に、1、2、3は出向者でないとなかなか難しい取り組みのため、重要な役割になります。 しかし、その仕事が誰かから与えられる訳ではないため、自分から積極的にその機会を求めて動いていく必要があります。

その際、現地会社への貢献を考えて動けるか、はとても重要だと思います。 なぜなら、この視点がないと現地の人からスパイのように思われて頼ってず、その結果、現地の情報を教えてもらうことが出来ないからです

また、本社社員の視点を持った発言するのもNG、だと思います。 少し現地メンバーの視点に立って考えると分かるのですが、本社からきた若い社員が本社社員ヅラして偉そうに動いたら、不愉快だと思うからです。

僕が現地メンバーと会話するときには、日本の本社のことをヘッドクォーターと言わない、ことを特に気を付けています。「◯◯JAPAN」と呼んで、あくまで日本は世界に展開しているリージョンのうちの一つ、と考えるようにしています。

そのような意識で仕事をしていると、次第に信頼されるようになり、バリューを出して行けるようになると思います。

f:id:hayato320:20190113180758j:plain

日本人はグローバルに活躍できそうか

日本人が現地の人と比べて劣っているかと言うと、そんなことはないと思います。

まず、特に僕が働いているIT業界は日進月歩で色んな技術が世に出ており、新しいテクノロジーのキャッチアップは日本人の方が得意であると感じます。 現地の人はジョブディスクリプションがハッキリしているからか、特定の技術には詳しいですが、横断するような総合的なスキルや、新しい技術を取得する際のハードルが高いように思います。

次に、納期を守る、品質が高い、ドキュメンテーションをちゃんとやる、メールが来たら返す、等の基本スキルは日本人の強みであり、これはグローバルで通用するスキルと考えています。

また、相手のことを考え、行間を読み行動するというのも日本人は得意のように思います。

上記のソフトスキルがあり、技術力がある日本人であれば、多少英語力がなくても活躍できると思います。

もちろん英語は出来れば出来るほど良いのは間違いないですが、英語ができることは海外では強みにならないため、その他の強みが必要です(日本では、英語ができることは非常に強みになると思いますので、英語は勉強しておいた方が良いと思います)。 特に、商社等と異なり、IT業界は英語が得意な人が多いわけではありません。 そのため、ある程度の英語力があり、アピールをし続ければ、若いうちから海外駐在できるチャンスはあると思います。

f:id:hayato320:20190113171936j:plain

まとめ

1年間ドイツで暮らしてみて、とても貴重な経験が出来ていると感じます。

日本にいた時よりも、自分で考え、行動し、間違っていれば修正し、というのを裁量を持って、実行できていると思います。

自分が扱う技術領域が変わるため、自分にとってはチャレンジではあったのですが、ドイツに駐在して色んな国の人と働ける経験(しかもスタートは20代と若い)は自分の価値観に与える影響も多くて、送ってくれた会社には感謝しかありません。

ドイツ語が話せない自分にとっては辛い部分があったものの(役所とか!)、周りのサポートをたくさん受けながら、とても楽しく1年間過ごすことができました。また、他国との距離が近いため、出張でもプライベートでも色んな国に行くことができ、国ごとの価値観や文化に触れられ、それも貴重であったと思います。

まだあと1年あるので、ここで変に赴任が終了する雰囲気を出したくないのですが、出てしまっていたらすみません。 赴任終了後には、2年間赴任して思ったことで気持ち面の変化や、今後自分の人生をどうドライブしていくかをまとめたいと思います。

今日はこのへんで。ありがとうございました。

f:id:hayato320:20190113172028j:plain