02_IT

メンターに課題を与えられ解くというのが初学者にとって最適だという話

今年に入ってからのことであるが、「個人が教えたり、教えてもらったりできるサービス」MENTAでプログラミングやインフラ関係(AWS)などのことをメンターとして教えさせていただいている。

MENTAではいくつかプランを提供させて頂いてるが、その中でも「AWSで学ぶパブリッククラウドインフラ設計・構築」というプランが大変好評で、プランを終えたメンティー(教わる人)から、何が良かったのかフィードバックをお願いした。

今回は、メンターとしての経験や、その方からのフィードバックから得た気付きについて、記事にした。

以下は私が提供しているプランの説明である。

AWSで学ぶパブリッククラウドインフラ設計・構築
インフラの知識を身に着けたい方、AWSでインフラを構築するスキルを身に着けたい方におすすめのプランです。

AWS上でPythonによる簡単なWebサーバを構築することで、インフラ、AWS、Webアプリケーションの基礎知識を身に着けていただけるプランです。
私から上記のスキル獲得に向けた課題を提出し、メンティー様に実際にシステムを構築していただくことで、スキルアップを図っていただきます。

扱うサービスとしては、VPC、CloudWatch、Classic LoadBalancer、EBS、EC2等になり、課題を通してこれらのサービスの使い方、AWSでのインフラの基礎が分かるようになります。

契約頂いたメンティーには課題を出し、それを解いてもらうという形で提供している。
課題と言っても、「AサービスをつかってBを実現せよ」という簡単なものではなく、自分でじっくり考えないと解けない、システム要件のような形になっている。

このプランを契約頂いたメンティーから頂いたフィードバックが下記だ(抜粋)。

プログラミングにしてもほとんどが「プログラミングは稼げますよ!」とかそんなのですよね。
この課題のように実際に動かすためのチュートリアル的なものがあると手を動かしながら確認できるのでよいのかなと思いました。
特にインフラ部分はそのような教材が少ないように感じます。

確かにWeb記事等を見ていても個別の問題や取り組んだことに対しての解決策は示されているが、体系的にはなっておらず、また、設計根拠はケースバイケースが多いからか、記載されていない例も多くある。

特に初学者にとっては、記事にあることをそのまま信じてしまうことが多いが、記事にあるケースではそれが最適だが、少し状況が異なるケースでは、全く最適でなかったりもする。そして、それを初学者が判断するのは難しい。

そのような思いから、初学者は新しく技術を学ぶ際にメンターをつけるというのはとても有効であると考えるが、合わせて課題ベース取り組んで、自分の知識の中から考え解を考え、課題を取り組み終わったら、設計根拠まで含めてちゃんとメンティーに聞くのが、初学者が技術を学ぶのに最適なのではないかと思う。

その場合、課題と解き方を記事すれば良いかと思うかもしれないが、それも違うと思っている。その理由は、理解度が人によって異なるからだ。
異なる理解度に応じて解説を変える必要があるため、記事ではだめなのだ。

私の「AWSで学ぶパブリッククラウドインフラ設計・構築」のプランの場合だと、やりとりさせて頂いたメッセージが48 〜 444件(平均189件)と最小と最大で9倍近くの差がある。これは理解度によって説明内容を分けないと行けないことを如実に示していると思う。

以上から、メンターに課題を与えられ解くというのが初学者にとって最適である、と思う。

MENTAでは、多くの方がメンターとして初学者の活動をサポートしてるので、新しいことを学びたいという方は使ってみると良いと思う。

なお、パブリッククラウドインフラ設計・構築をAWSを通して学びたい方はぜひ私のプランからお願いします。