03_Python

【Python】開発環境を整える

本記事ではPython 3を実行する環境を整えるために、

  • Python 3
  • PyCharm(エディタ)

をインストールし、使用する手順を説明します。

Python 3をインストール

以下のページから自分の環境にあったPythonをダウンロードします。

2019年6月7日現在だと、Python 3.7.3が最新のバージョンになります。
ダウンロードページ

自身の環境にあったインストーラをダウンロードして、インストーラを実行します。
ダウンロードページ

なお、どのインストーラをダウンロードすれば良いかわからない場合は、以下のページからもダウンロードが可能です。

Windowsの場合

Macの場合

インストーラの実行は、指示に従って進めば良いです。

PyCharmをインストール

Pythonで強力なエディタとして知られるPyCharmをインストールします。

インストーラは以下のページからダウンロードできます。

PyCharmには有料ライセンスと無料ライセンスがありますが、無料ライセンス版で問題なく使えます。自身の環境にあった無料版のインストーラを選びましょう。

PyCharmのダウンロードページ
PyCharmのダウンロードページ

ダウンロードしたら、インストーラを実行して、指示に従ってインストールしていきます。

PyCharmでPJを作る

PyCharmを起動すると以下の画面が表示されますので、「Create New Project」から新しいプロジェクトを作成します。

PyCharm1

プロジェクトの場所は好きなところで構いません。Base InterpreterがPython 3系(Python 3.7など)になっていることを確認してプロジェクトを作成します。

PyCharm2

これで、プロジェクトは作成されました。このような画面が表示されます。左ペインにプロジェクトのフォルダ、右にエディタが表示されます。

PyCharm3

Pythonのファイルを追加するには、フォルダを選択して、「New→Python File」を選択して、ファイル名を入れて、「OK」を押します。

PyCharm4 PyCharm5

これで、PyCharm上でPythonファイルを作成できました。

これでPython環境は整ったので、次回からはコーディングに移っていきます。